家の売却・査定の依頼方法を解説!

わかりやすい! 家の売却・査定の依頼

売りたい家(物件)の相場を調べよう!

意外と簡単、売りたい家の相場を調べる方法

  • インターネットの不動産情報サイトで調べる
  • 不動産の一括査定サイトを利用して複数社の査定をとる

いざ家を売りたいと思った場合、はたしてどのくらいの値段で売れるのか、その相場を知ることはとても大切です。本格的に不動産業者に査定を依頼するにしても、おおよその相場を知っていて査定をしてもらう場合の方が納得感も違うでしょうし、仲介をしてもらう不動産業者の選定をする際にも役立ちます。最初の段階では、おおまかな相場を知ることで十分ですので、インターネットを活用して簡単に調べてみましょう。

インターネットの不動産情報サイトで調べる

グーグルで「中古住宅情報」と入力して検索してみましょう。
中古住宅の情報がズラリと出てきます。

たとえば、次のようなホームページをみてみましょう。

これらの不動産情報サイトでは、新築・中古の売出し物件や賃貸情報などを探すことができます。
この中の「一戸建て(中古)」で地域を絞り込みながら、あなたの地域の中古住宅の売出し価格を見ていきます。

相場を調べる、ポイントその1 〔土地の大きさ〕

一戸建て住宅の価値は「土地+建物」です。建物の状態以上に土地の広さは価格に影響します。不動産情報サイトの売出し物件とあなたの売りたい家を比較する時は、土地の広さにも注意して見ていきましょう。

比較する時のポイントは、「地域」「土地面積」「建物面積」「築年月」が、あなたの売りたい家の条件と出来るだけ近いものを参考にすると良いでしょう。間取りや外観は、相場を調べるこの段階ではあまり重要ではないので、さらっと見ていくだけでいいでしょう。

相場を調べる、ポイントその2 〔売出し価格〕

インターネットやチラシで見る中古住宅の価格ですが、これを「売出し価格」と言います。しかし実際にこの価格で売買されるかどうかはわかりません。一般的には実際の売買価格は売出し価格より安い価格で決まることが多いものです。

不動産情報サイトの売出し価格を見て相場を調べるときは、実際の売買価格より若干高めに表示されていると思ってみていきましょう。

不動産の一括査定サイトを利用して複数社の査定をとる

不動産売却の専門書や専門サイトを見ると、必ず「複数の業者に査定してもらいましょう」と書いてます。それは本当に重要なことで、複数の業者に依頼する理由として、おもに次の2つがあげられます。

一戸建ての査定価格は業者によって差がでやすい

不動産業者が査定をする際に、多くの業者は同じような査定マニュアルをもとに査定します。そのためマンションなどは比較的業者による差が出にくいものなのですが、一戸建ての場合は、土地の環境や隣地の状況などで、営業担当者の判断する要素も加味してきます。マニュアル通りにいかない要素が多い分、査定価格に差が出やすくなります。
高く査定する業者があったとしても、その価格で売れる保証はありません。逆に、安く査定する業者は、堅実な業者かもしれません。複数の業者からいろいろな価格の査定をもらうことで、あなたが売りたい家の販売価格帯が浮き彫りになってきます。

最も信頼できそうな業者に出会うため!

査定金額よりも、査定の際に出会う不動産業者の営業マンをあなたがしっかり査定してください。あなたの家の売却が成功するか、失敗に終わってしまうか、それは信頼できる仲介業者と出会えるかどうかで決まってしまうと言っても過言ではないからです。より多くの業者に査定をしてもらい、最も信頼できそうな営業マンに仲介を依頼するようにしましょう。

更新日:

Copyright© わかりやすい! 家の売却・査定の依頼 , 2017 AllRights Reserved.