家の売却・査定の依頼方法を解説!

わかりやすい! 家の売却・査定の依頼

売りたい家の査定を上手に進める方法!

査定を依頼する目的は、最も信頼できる業者に出会うためです!

  • 最低でも3社、できれば5社に査定の依頼をしましょう
  • 査定額はあくまで参考、重要なのは信頼できる業者を見極めることです

「買取」の査定なら一番高く査定した業者に売るのがいいかもしれません。しかし「仲介」で売却を進めるのであれば、査定価格はあくまでも不動産業者の提案価格にすぎないということを理解しましょう。高く査定した業者が本当にその価格で販売できる保証など無いわけです。ただ単に仲介の契約(媒介契約)が欲しいために高く査定したのであれば、そんな業者に依頼するのは危険です。

不動産の査定を依頼する場合の注意点

査定を依頼する先〔不動産業者の見つけ方〕

査定を依頼する場合に、依頼する不動産屋のタイプを間違えないように気をつてましょう。不動産業者と一口に言っても、それぞれ得意分野が違います。賃貸物件の仲介を専門にやっているところは、不動産の売買は苦手かもしれません。そんな業者に査定を依頼しては時間の無駄となってしまいます。まして仲介を依頼してしまっては家の売却が失敗してしまうかもしれません。

査定を依頼する場合は、積極的に中古物件の販売をしている不動産業者に査定の依頼をすることです。

地元で積極的に広告など営業活動をしている業者があればチェックしておきましょう。
合わせて、「不動産の一括査定」を活用することも検討してみましょう。
不動産の一括査定の良い点は、そこにエントリーしている不動産業者は中古物件の売買を得意としている業者であるということです。もう一つは、一括査定を運営している会社が、不動産業者を選定しているので、いい加減な業者はエントリーできない仕組みになっている点です。一定の基準をクリアした信頼できる不動産業者に、一度の依頼で複数社から査定をとれるのでとても便利です。

訪問査定の際の要点〔不動産業者の見極め方〕

訪問査定のときにあなたが一番やらなくてはいけないこと、それはどの業者に売却の仲介をまかせるかを見極めることです。大切な家をその業者に任せてもいいかどうかを判断しなくてはいけません。誠実で積極的に物件の仲介を任せてほしいという姿勢がある方にお任せしたいものです。

査定価格の提示に対して、その価格の根拠を丁寧に説明してくれるかどうか、納得できる説明なのか。また、どのように販売していくのか、広告の種類や内容などもしっかり説明してくれるかどうか、納得できるか。などで担当者の力量を見極めていきます。

出された査定価格とあなたが希望する販売価格との差に対しても、誠実に柔軟に対応してくれるかどうか。

査定価格と業者選び〔査定価格の見極め方〕

複数の業者に査定を依頼すると、業者によって査定価格が違うものです。一概に言えませんが、高く査定をする業者、低く査定をする業者、それには次のような傾向があると考えてみます。

高く査定をする業者は、良く言うと「ポジティブ、楽観的」、悪く言うと「いい加減」、そんな傾向があるかもしれません。査定価格を高く評価することで売主さんを喜ばそう、とか、取りあえず仲介の契約を取ることが目的、ということなのかもしれません。高く査定をした業者には特に注意をして、査定額の根拠や、売出しの営業方針をしっかり聞いて、信頼に値するかどうかを厳しく判断しましょう。

低く査定をする業者は、良く言うと「堅実、慎重」、悪く言うと「やる気が無い」、そんな傾向があるかもしれません。低く査定をした業者がダメ業者というわけではありません。確実に売れる価格を提示したかもしれません。この時もやはり価格の根拠をしっかり聞いて、あなたの希望価格と近い価格から売り出していくことが可能かどうかを訪ねましょう。査定価格はそれとして、あなたの希望価格に対して柔軟に対応してくれる姿勢があるかを見ていきましょう。

仲介を依頼する業者を選ぶポイントは?

あなたの大切な家の売却をお任せするのですから、一番は言うまでもなく最も信頼できそうな業者、担当営業マンにお願いすることになります。しかし、あなたのスタンスによって選ぶ業者の選定基準も違ってくるでしょう。

多少時間がかかっても「高く売りたい」場合

あなたの希望する価格で買いたいと言ってくれる方が見つかるまで、多少時間がかかってもかまわないのであれば、最も高く査定をしてくれた業者から、どのような営業活動をしてもらえるのかをしっかり聞いていくことです。高い売り出し価格でスタートしたものの、広告が不十分では困ります。一番高い査定の業者に限らず、どんな営業活動をしてもらえるのかをポイントに業者を選定しましょう。

期限を決めて「確実に売りたい」場合

たとえば3か月以内に売却を決めたいなど期限が決まっている場合は、過去の販売実績や事例を多く提示してくれる業者は信頼ができそうです。査定価格の根拠をしっかり説明してくれて、売買の前後に発生する手続きや費用についても詳しく解説してくれる業者がいいでしょう。また、期限内に買い手が現れないときの「買取保証」の有無などについても確認しておくといいかもしれません。

次はこちらをどうぞ… 
4.家の売却で成功したいなら!

更新日:

Copyright© わかりやすい! 家の売却・査定の依頼 , 2017 AllRights Reserved.