家の売却・査定の依頼方法を解説!

わかりやすい! 家の売却・査定の依頼

家を売ったときの仲介手数料

不動産を売却するときにかかる諸費用について解説します。

  • 「仲介手数料」
  • 「税金(譲渡所得税・住民税)」
  • 「抵当権抹消費用」
  • 「繰上げ返済手数料」
  • 「売買契約書の印紙代」

家を売却するときには上記のような費用が発生するのですが、状況によってはかからないものもありますので、以下に詳しく解説していきます。何と言っても一番大きな費用は「不動産の仲介手数料」でしょう。

不動産業者へ支払う「仲介手数料」

一般の方は普通、自分で買手を見つけることは難しいので、不動産業者に「仲介」を依頼し買手を探してもらいます。仲介業者が買主を見つけ、めでたく売買が成立したときは、依頼者である売主は不動産業者に成功報酬として「仲介手数料」を支払います。

この仲介手数料ですが、宅地建物取引業法で上限の定めがあります。
国土交通省では、「宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額」(昭和45年建設省告示第1552号)を定め、宅建業者が宅地建物の売買・交換・貸借の代理・媒介を行って受けることができる報酬の上限額を定めています。
詳細はこちら > 不動産流通について|国土交通省

取引額の3% + 6万円 + 消費税

不動産の仲介手数料は、一般的にわかりやすいように
「取引額の3% + 6万円 + 消費税」と書かれているのをよく目にします。
取引額の3%はわかるとしても、「+6万円」とはいったいどこから来た数字なのでしょうか?

200万円以下の金額 5% + 消費税
200万円を超え400万円以下の金額 4% + 消費税
400万円を超える金額 3% + 消費税

宅地建物取引業法で定める報酬の上限額は上記のようになっています。
例えば、1000万円の取引の場合
 1000万円x3% + 6万円 +消費税 = 36万円+消費税
これを正しい式で表すと
 200万円x5% + 200万円x4% + 600万円x3% +消費税 = 36万円+消費税
このようになります。

最初の200万円までの5%と3%の差額が4万円、
200万円から400万円までの4%と3%の差額が2万円、合計6万円です。
謎の「+6万円」の正体はこの手数料率の差額ということなのです。

取引額 仲介手数料(上限額)
200万円 10万円 + 消費税
400万円 18万円 + 消費税
700万円 27万円 + 消費税
1000万円 36万円 + 消費税
1500万円 51万円 + 消費税
2000万円 66万円 + 消費税
2500万円 81万円 + 消費税
3000万円 96万円 + 消費税
4000万円 126万円 + 消費税
5000万円 156万円 + 消費税

このように仲介手数料の上限として定められているのですが、じゃあ「上限金額より安い手数料でいいよ」っていう業者はあまりありません。この上限いっぱいの仲介手数料を請求されるのが一般的のようです。
稀に、手数料の交渉に応じてくれる仲介業者もあるので、一応交渉してみてもいいかもしれません。

その他の諸費用について

税金(譲渡所得税・住民税)

まず、この税金はかからない! と思って大丈夫でしょう。
居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例というのがあります。
家を売って3000万円以上の利益が出てしまった場合は税金が発生しますが、普通はそんなことはありません。例えば、住宅を購入するときに2000万円かかりました。3年後その家を売ることになり、5500万円で売れました。こんなケースでは税金が発生しますが、普通はないですよね。
もっと詳しく知りたい方はこちら > マイホームを売ったとき 譲渡所得|国税庁

抵当権抹消費用

抵当権とは住宅ローンを組んだときに金融機関がその不動産を担保として確保するために必ず抵当権設定登記をします。このままでは不動産の売却はできませんので、家を売却する際にはその抵当権を抹消しなければなりません。抹消登記の登録免許税が1件1000円ですので、土地と建物の場合は2件で2000円です。手続きを司法書士に依頼した場合は1万円くらいの費用がかかるのが一般的でしょう。

繰上げ返済手数料

家が売れたら住宅ローンの返済をしなければなりません。住宅ローンを借りている金融機関に行って繰上げ返済をしますが、その際の手数料が5,000円くらいかかります。

売買契約書の印紙代

家を売る際は売買契約書を交わします。売買契約書には収入印紙をはらなければいけません。印紙代は契約価格によりますが、1000万円を超え、5000万円以下の価格なら、1万5000円の印紙を貼って割り印をします。

その他にかかりそうな費用

以下はケースバイケースですが、こんな費用も掛かるかもしれません
・ハウスクリーニング代
・測量代
・引っ越し費用

投稿日:

Copyright© わかりやすい! 家の売却・査定の依頼 , 2017 AllRights Reserved.