家の売却・査定の依頼方法を解説!

わかりやすい! 家の売却・査定の依頼

そもそも、住宅ローンが残っているのに家を売ることって出来るのかしら・・?

住宅ローンが残っている場合の家の売却の方法

家の売却を考える人の多くが、住宅ローンの返済中という方です。住宅を購入するときは、20年~30年の長期間の住宅ローンを組んでマイホームを手に入れることになります。しかし、人生設計が途中で変わってしまい、自宅を手放さなくてはならない事情が発生することは十分に考えられることです。

事情はともあれ、住宅ローン返済中に自宅を売却する場合、重要になることがあります。
それは・・・
家の売却にあわせて、住宅ローンを完済しなくてはいけないということです。

家を売った代金で住宅ローンの完済ができる場合は問題ありませんが、売却金額では完済できないときは自己資金を充てて完済しなくてはなりません。もし自己資金を充てても完済できないのであれば、原則は家を売却できないということになります。

しかし今の住宅を売って新たに住宅を買う場合、つまり住まいを買い替える場合ならば、買い替えローンを活用できるかもしれません。

買い替えローンとは

今の住宅を売却してもローン残高が残る場合、残った残債を新しく購入する住宅のローンに上乗せしてローンを組むというものです。この方法で住まいの買い替えをすることが出来るので、この買い替えローンの利用者も増えています。

しかし、本来の不動産価格以上の借入額になりますので、ローン審査も厳しくなります。ご自身がこの買い替えローンを受けることが出来るのか、売却を検討するのと同時に金融機関に相談してみましょう。買い替えローンが組めないようであれば、今の住宅の売却をあきらめなくてはいけないかもしれません。

売却に必要な抵当権抹消とは・・

住宅ローンを組んで戸建住宅やマンションを購入する時、金融機関は対象となる不動産に抵当権を設定します。抵当権とは、もし住宅ローンの返済が出来なくなった場合に、金融機関はこの不動産を競売にかけ融資金額の回収をすることが出来るというものです。この抵当権が付いたままの不動産を買おうという人はいませんので、不動産の売買が成立した時点で、この抵当権が抹消されている必要がある訳です。

しかし、住宅ローンの残債が残っている状態では抵当権抹消をしてもらうことが出来ません。そこで実際の取引では、不動産の売却代金を受け取ったと同時に金融機関に返済することで抵当権の抹消をすることが出来ます。

投稿日:

Copyright© わかりやすい! 家の売却・査定の依頼 , 2017 AllRights Reserved.